Page: 1/364   >>
決めなければならない
0

    モトGPのエンジンは

     

    2回のテストで

     

    2019年の仕様を

     

    決めなければならない

     

    この選択で

     

    1年間が

     

    決まってしまうから

     

    なので

     

    各チーム

     

    どうするか悩みどころ

     

    一応

     

    ランキングか表彰台に上がった回数で

     

    このエンジンレギュレーションが適応される

     

    適応されないマニファクチャラーもありますけどね

     

    共通ECUとミシュランタイヤの特性が

     

    非常に悩みどころでもあるから

     

    もしこのモトGPのエンジンレギュレーションを

     

    F1に適応したら

     

    どうなんだろうね

     

    それでも

     

    メルセデスやフェラーリは

     

    勝つのだろうなあ

     

    まあ

     

    政治的に無理な話だけどね

    | とましー | 22:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    ヤマハは 苦しんでいるなあ
    0

      モトGPに

       

      参戦しているヤマハは

       

      2018年シーズン勝利がない

       

      それでも

       

      ロッシの頑張りなどにより

       

      なんとか

       

      ドライバーズランキングを上位に保っているから

       

      ヤマハ側も

       

      なんとか

       

      ライダーの期待に答えたいようと

       

      いろいろと対策を練っている

       

      エンジンの根本からの改革とかを考えたりね

       

      ヤマハは

       

      エンジンは

       

      直列式にしている

       

      現在

       

      マニファクチャラーランキング上位のホンダ、ドゥカティは

       

      V型エンジンを使っている

       

      どちらにしても

       

      L型エンジンやV型エンジンは

       

      長所、短所があるわけで

       

      一概にどちらがいいとはいえないわけでね

       

      やはり

       

      シャシーから考えないと難しいかも

       

      もしくは

       

      ライダーに合わせた

       

      ワンオフ型マシン制作が

       

      一番手っ取り早いのかもね

       

      でもなあ

       

      一応

       

      市販しているマシンがベースなのでね

       

      難しいところかな

      | とましー | 21:11 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      出来ればね
      0

        ニッサンは

         

        2018-19年シーズンから

         

        フォーミュラEに参戦するけど

         

        展示している車体を見ると

         

        スポンサーがいないことは

         

        ちょっと

         

        不安な気がする

         

        どちらにしても

         

        ワークスだけのカラーリングは

         

        将来的に

         

        何かあったときに

         

        参戦維持出来ないときに

         

        厳しい局面にさらされるわけで

         

        なんとか

         

        スポンサーは

         

        必要不可欠だからね

        | とましー | 20:44 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
        どうなるのかな
        0

          ニッサンとKONDO RACINGが

           

          2019年からニュルブルクリンク24時間に参戦することを

           

          発表しました

           

          もう一つ

           

          GT300クラスにも参戦する事も

           

          発表しています

           

          はて

           

          ニュルブルクリンクに関しては

           

          なるほどねと納得しています

           

          優勝を狙うクラスSP9クラスにね

           

          しかしだ

           

          GT300クラスに参戦するとなると

           

          現在

           

          GT500クラスに参戦している訳だから

           

          無理じゃないかなあと

           

          このGT300クラスのベースチームは

           

          耐久選手権に参戦している日産自動車大学校のチームを昇格させるみたいです

           

          でもなあ

           

          ニスモとしては

           

          どうするのかなあ

           

          GT500クラスの台数を減らすのは

           

          マニファクチャラーなどのいろいろな問題があるからなあ

           

          DTMに参戦と言うこともあるのでは

           

          と思ったけど

           

          なかなか難しいのかもなあ

           

          タイヤに関しては

           

          すべてヨコハマタイヤになっているからね

           

          GT300クラスのドライバーは

           

          未定となっているから

          | とましー | 20:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
          こういうこともある
          0

            モトGP イギリスGPは

             

            コースの水はけが

             

            だめだったようで

             

            各カテゴリーのレースは

             

            中止となり

             

            翌日の月曜日開催も中止となりました

             

            ともかく

             

            シルバーストーンの路面改修で新しくなったが

             

            水はけが全く出来なく

             

            ハイドロプレーニングが起きやすく

             

            各ライターが転倒してしまう

             

            やはり

             

            安全があってのレースであり

             

            2輪に関しては

             

            各ライダー相手を

             

            尊重し合っているからね

            | とましー | 22:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
            差があるのは なぜか
            0

              モトGPに参戦しているヤマハ

               

              2018年

               

              非常に苦労している

               

              全日本戦選手権に参戦しているヤマハ

               

              無茶苦茶強い

               

              なぜ

               

              モトGPと全日本選手権では

               

              こんなに違うのだろう

               

              開発は同じなのかなあ

               

              ヨーロッパの方でも

               

              テストチームを作るといっているけど

               

              違うのは

               

              なぜだろう

               

              ドライバーの違い

               

              モトGPと全日本選手権では

               

              レギュレーションが違う

               

              なんかね

               

              こんなに

               

              差があるのは

               

              不思議だからね

               

              モトGPは

               

              ホンダとドゥカティが強いから

               

              スズキ、KTM、ヤマハとなっているからね

               

              全日本で活躍しているヤマハのライダーが

               

              モトGPに参戦したら

               

              上位に行けるのかと考えるけど

               

              モトGP向けマシンと

               

              全日本選手権向けマシンは

               

              全く違うのかもね

               

              ワイルドカードのドライバーが上位にいけいないからね

              | とましー | 23:19 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
              台数を増やすためには
              0

                モータースポーツで

                 

                参加台数やチームの維持の為に

                 

                各カテゴリー

                 

                試行錯誤しています

                 

                ともかく

                 

                資金がないことが

                 

                各チームの最大の問題である

                 

                なので

                 

                できるだけ

                 

                固定した規定の中で

                 

                戦うことを想定したカテゴリーが

                 

                人気を集めている

                 

                GT3やGT4やTCRが

                 

                入るわけで

                 

                ドライバーの運転技術のみで

                 

                戦おうという考えであり

                 

                特にTCR規定のカテゴリーが

                 

                全世界ではやっていること

                 

                高性能車両よりも車体金額などか高くないこと

                 

                できるだけ汎用で扱いやすい車であること

                 

                各チーム参加費用を抑えること

                 

                どのチームでも勝てるチャンスが来ること

                 

                これが人気を集める要因かもね

                | とましー | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                TCRシリーズ
                0

                  日本国内でも

                   

                  TCRのレースをやるぞ

                   

                  と言うことを

                   

                  発表しました

                   

                  とはいえ

                   

                  耐久選手権では

                   

                  TCRクラスがありますけど

                   

                  それとは別に

                   

                  世界的に流行しているスプリントレースを

                   

                  やるわけでね

                   

                  2019年からやりたいと

                   

                  ただし

                   

                  すぐには台数が確保できないので

                   

                  耐久選手権では

                   

                  ホンダのシビックとアウディRS3 LMSがメインなので

                   

                  TCR規定のマシンは

                   

                  ほかにもありますが

                   

                  そう簡単には

                   

                  台数が見込めないため

                   

                  パーツなどの確保もありますからね

                   

                  まあ

                   

                  スーパーフォーミュラと併用開催をと考えているので

                   

                  面白くなるかなあ

                   

                  参戦費用も低くなれば

                   

                  それなりに参加台数も増えるからね

                  | とましー | 23:04 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  トヨタは 3車種でNASCARに
                  0

                    トヨタは

                     

                    NASCARシリーズに

                     

                    カムリとタンドラで参戦していましたが

                     

                    NASCARシリーズは

                     

                    3クラスあって

                     

                    モンスターエナジー・NASCARカップとNASCARエクスフィニティとNASCARキャンピングワールドシリーズ

                     

                    これに

                     

                    2019年に新型スープラを投入することを発表しました

                     

                    このスープラが入るクラスが

                     

                    NASCARエクスフィニティシリーズになります

                     

                    とはいえ

                     

                    NASCARの車は

                     

                    ガチガチのレギュレーションが決まっているので

                     

                    ボディの形状が

                     

                    市販される形状と違うのですが

                     

                    アメリカという市場では

                     

                    NASCARに参戦する意味が大きいので

                     

                    NASCARに関しては

                     

                    全くわかりませんが

                     

                    ほぼワンメイクなんでしょうね

                     

                    そうでないと安全面など大変ですから

                     

                    あれだけの台数がオーバルコースを走るわけですからね

                     

                    でも

                     

                    他のカテゴリーで強かった選手が

                     

                    NASCARに参戦しても

                     

                    なかなか

                     

                    チャンピオンになれないという

                     

                    厳しいカテゴリーと言うことなんでしょうね

                    | とましー | 21:08 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                    どういう位置なんだろうね
                    0

                      トヨタの2018年型カローラ スポーツ

                       

                      ベース車体のイメージは

                       

                      オーリスだよなあと

                       

                      でも

                       

                      すべて刷新していることは

                       

                      確かだけどね

                       

                      ハッチバックか

                       

                      世界で戦える車としてだよね

                       

                      各自動車メーカーは

                       

                      国内販売では

                       

                      難しい時代となっている

                       

                      購入者の平均年齢が

                       

                      上がっていること

                       

                      これが

                       

                      一番大きいから

                       

                      何だろうね

                       

                      いろんなイメージが

                       

                      各世代にあるからなあ

                       

                      これを

                       

                      払拭させるために

                       

                      各社努力しているわけだな

                      | とましー | 21:13 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

                      Calendar

                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      262728293031 
                      << January 2020 >>

                      Sponsored Links

                      Profile

                      Recommend

                      Search

                      Entry

                      Comment

                      Trackback

                      Archives

                      Category

                      Link

                      Feed

                      Others

                            
                      •     
                      • USBメモリウイルスの感染にご注意を!     
                      •   
                      • ソフマップ・ドットコム    
                      • EIZOダイレクト
                      •     
                      • ioPLAZA【アイ・オー・データ直販サイト】
                      •    
                      •       
                      • プレミアム バンダイ
                      • ビックカメラ.com
                      • ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
                      •     
                      • DVD通販、レンタルをDMMで楽しもう
                      無料ブログ作成サービス JUGEM

                      Mobile

                      qrcode